外見を変えると年収が上がる?見た目が及ぼす収入への影響

自由に使えるお金を増やすには

皆さんは収入に対してどのくらい自由に使えるお金がありますか?家賃・光熱費・食費・携帯料金など、毎月必ずかかる固定費がひとそれぞれあり、その固定費を除いた金額が自由に使えるお金になりますよね。自由に使えるお金を増やすためには固定費の節約も一つの方法ですが、そもそもの収入を上げることも自由なお金を増やすためにはいい方法です。

収入を増やすといっても…

増えた自由なお金を、美容やファッションなどの自分磨きに使えると、男ランクを上げることができていいですよね。ただ、そう簡単に収入を上げると言われても、、、と思った方は多いのではないでしょうか。しかし、ちょっとしたことで収入を上げることが可能になるという面白い研究結果が発表されています。

見た目がいい人は収入が高い

ダニエル・S・ハマーメッシュ教授(テキサス大学オースティン校)が発表した研究結果によると、外見の印象がいい人は、容姿が平均より劣る人に比べて年収が17%上回ったとのことです。

約7500人を対象に人の容姿を5段階(5が一番いい)に分けたところ、外見がいい(5または4の評価を受けた)人は外見があまりよくない(2または1の評価を受けた)人よりも収入が17%高い結果となったとのことです。

年収にして約4500万円の差

大学・大学院卒の男性の生涯賃金は2億6980万円(出典:労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2018』)なので、その17%だと約4500万円にもなります。自由に使えるお金がこれだけあれば、自分磨きにもとことん力を入れられますよね。

外見を磨くことは収入UPにつながる

外見に気を使っていそうな男性のファッション

外見を磨くことで、収入が17%もアップするのであれば外見を磨かない理由が見当たりません。そして、外見を磨くことで見た目がよくなる上、収入も上がればまたさらにほかにお金を使うことができ、男ランクも上がりメリットだらけですね。

総合的に男ランクを上げるための自己投資だと思い、まずは外見を磨くことから始めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました