冬の肌荒れ原因は乾燥!必要な乾燥対策とは

冬でも肌のきれいな男性

冬に肌荒れで悩む人は非常に多くなります。

冬は肌荒れシーズンとも言えるかもしれません。

いつもと変わらないケアをしているのに、かさかさになったり、ひび割れしてしまったりと肌荒れが引き起こす症状はなかなか苦痛ですよね。

今回は、冬の肌荒れを引き起こす原因と、肌荒れの対策についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

冬の肌荒れ、原因は乾燥

冬の肌荒れ、原因はずばり『乾燥』です。

気温の低下とともに徐々に空気も乾燥していき、2月に乾燥のピークを迎えます。

空気の乾燥や 室内で暖房を使用していると、皮膚の水分はどんどん奪われていきます。

そして肌の水分量はどんどん減少していき、結果的に乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌は、外からの刺激や水分蒸発を防ぐバリア機能が低下した状態のため、さまざまな刺激を直で受けやすくなります。

それが原因となり、肌荒れを引き起こします。

また、年齢を重ねるにつれて肌のバリア機能は低下していくので、より乾燥しやすく、肌トラブルが起こりやすくなります。

スポンサーリンク

乾燥しやすい肌の部位

身体の中でも、乾燥しやすい部位とそうでない部位があります。

顔でいうと皮脂腺が少ない部位が乾燥しやすくなります。

具体的には、目や口の周り、首、頬が乾燥しやすい部位です。

逆におでこと鼻は皮脂腺が少ないので乾燥しにくい部位です。

体では外気や水にさらされることが多い部位が乾燥しやすくなります。

具体的には、ひざやひじ、すね、かかと、手などが乾燥しやすい部位です。

スポンサーリンク

冬の肌荒れ対策は保湿!乾燥対策して肌荒れを治す

冬の肌荒れ対策には、何よりも保湿が最重要です。

正しい保湿を行うことで肌の乾燥を防ぎ、結果的に肌荒れも改善されていきます。

顔の保湿

保湿力が高く、低刺激の保湿剤を使用してください。

おすすめの保湿剤についてはこちらの記事に記載していますので参考にしてください。

保湿剤は洗顔後、なるべく早く、肌が乾かないうちに塗ってください。

また、外出時などもこまめに保湿剤を塗り、肌を乾燥させないようにしてください。

マスクをすることも、乾燥対策としては効果的です。

手の保湿

洗浄力の強い石鹸を使用すると必要な皮脂膜も洗い流してしまい乾燥の原因となるので、なるべく低刺激の石鹸を使用しましょう。

そして、こまめにハンドクリームを塗って保湿しましょう。

私は保湿性や防水性が非常に高いのに、安くて比較的手に入りやすいヴァセリンを使用しています。

手袋をすることも乾燥対策としては効果的です。

身体の保湿

洗浄力の強いシャンプーやボディーソープの使用は乾燥の原因となります。

なるべく低刺激の製品を使用しましょう。

入浴する際は保湿効果のある入浴剤の使用が望ましいです。

しかし、長湯は乾燥の原因になるので注意が必要です。

お湯の温度は38~40度に設定し、極度の長湯や温度の高いお風呂への入浴は避けましょう。

その他の対策

飲むことで乾燥対策になる商品もあります。それについてはこちらの記事でご紹介しています。

室内では暖房はなるべく低めに設定し、加湿をして空気を乾燥させないようにしてください。

バランスの取れた食事、十分な睡眠も、肌のターンオーバーを促進してくれるので乾燥対策には効果的です。

スポンサーリンク

冬の乾燥に負けない肌を

冬でも肌がきれいで表情が明るい男性

冬の肌荒れの原因は乾燥です。各部位に合わせた適切な保湿を心がけ、肌荒れ知らずの男を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました